自然エネルギー

■自然エネルギー・再生可能エネルギーと電力自由化

03世界的にエネルギーの利用は見直されてきています。日本でも、大震災以降さまざまな発電エネルギーが登場し、みなさまも目にしていると思います。太陽発電、水力発電、風力発電、バイオマス……

 

これら自然のパワーを電力に変換する、再生可能エネルギー。これら新しく地球にやさしい発電方法を、未来に向けて活用できる環境を作る上げることができるのも、「電力自由化」があってこそ。これまでの大電力会社が独占する時代では不可能だった、発電方法の選択も可能になるからです。

 

自然エネルギーは様々。その中でも、最も大きいエネルギーは太陽エネルギーです。現代の人々が使っているエネルギーの10,000倍以上のエネルギーが、常時地球に降り注いでいます。この莫大なエネルギーは太陽光や太陽熱として直接利用しているだけでなく、大気や水にエネルギーを与え雨や雲となり、水力・風力、そして波力などをももたらしています。大自然を育てているのもこの太陽エネルギーです。

 

このような、自然環境から得られる再生エネルギー。燃やせば終わってしまう石油などの化石燃料とは違い、太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱など自然エネルギーは、使い切ることはなく、枯渇しないエネルギーです。だからこそ、これらの自然エネルギーのことを「再生可能エネルギー」と呼ぶのです。これら新しいエネルギーは、世界で注目され、日本政府もさらなる導入・普及を促進しています。そこで、「電力自由化」は重要な役割として、これら再生可能エネルギーの活用も担っているのです。

 

電力自由化比較.comでは、再生可能エネルギーの活用を考えている企業からのご相談も承っております。電力供給を自分で選択できる電力自由化がスタートしたからこそできる、新しい新電力の選び方も専門家が徹底サポートいたします。

Comments are closed.